ウルトラストロングコート

ご予約・お問合せは0995-70-1235 » タップで電話

営業時間:9~19時 、定休日:水曜日(4月1日より) 〒899-5431 鹿児島県姶良市西餅田924-14

コーティングを長期維持できる方法とできる理由

コーティングが長くもたない最大の理由

コーティングを維持ためには、洗車の仕方やメンテナンスなどお客様側の意識の問題もありますが、

それ以前に、

コーティングが密着できる下地作り(研磨を含め)ができているかという
お店側の問題があります。

つまり、コーティングを塗る前までの作業技術が、
とても大切なのです。

どんな高価なコーティングを頼んでも、

塗装にビタッと密着しなければ、どんなコーティングをしても硬化しても意味がありません。

では、密着させるためには何が必要かといいますと、

研磨前の処理と研磨技術

お車は十台十色。同じ溶剤、機材では対応不可

お車の車種、年式、塗装状態を見て、
また、気温、湿度、などを感じ、
作業を進めていきますが、

同じ溶剤、機材を使っても研磨できません。

当店は、何十種類もの溶剤があり、そして機材も掛け合わせ
施工していきます。


お車は人間と同じ、1つとして同じものはありません。

その選択を間違えてしまうと、磨けませんし、
逆に白ボケてしまったり、傷をいれてしまいます。

全国の仲間と情報共有。最新の機材、溶剤で施工

いいものは取り入れる!

いいと聞いたものは早速購入し、試験します。

実際に使って目で見なければ納得しないからです。

そして、お客様へ還元する。

ミリ単位でしか綺麗にならないと思われるものでも、

昨日より良くなるなら取り入れます。

だから、毎日進化していきます(^^)

選定された溶剤×機材 。そして研磨技術

最高の溶剤×機材が準備できて、
それを持って研磨へ。

溶剤×機材×最高の研磨技術

があわさったとき、初めてお車の綺麗を最大限にだせ、

つまりはコーティングも長期維持できます。

<プリウス研磨前>

<研磨後>

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top