カーコーティング 鹿児島 カービューティートラスト

メニュー

火山灰がおよぼす新車への影響

約 2 分

塗装の陥没や洗車でとれないシミ 予防の豆知識

今回の豆知識は、鹿児島ではお馴染みの火山灰がおよぼす新車への影響について、

手軽にできる予防方法をご紹介します。

火山灰がおよぼす新車への影響 塗装の陥没や洗車でとれないシミ 予防の豆知識

この画像は納車からまもなくカーコーティング施工のご依頼で入庫したお車です。

ちなみにディーラーコーティングを施工してありましたが、そのコーティングが悪いとか
非難や比較をする記事ではなく、予防する豆知識になります。

画像の現象はどんなに高価なコーティングをしていても、自然環境と車のお手入れ方法とで、

ある条件が合わさると発生しやすくなり、

酷い場合は次の画像のように、塗装に陥没跡が残ってしまいます。

塗装の陥没 火山灰

シミや陥没になりやすい条件とは?

皆さんも経験があると思いますが、梅雨時期に塗装の陥没や洗車でとれないシミが
発生しにくいということ。

豆知識1:火山灰と水分がおよぼすシミや陥没
シミや陥没になりやすい状況として一番にあげられるのが、降灰後の塗装上に
にわか雨のような少量の水分や朝露などと、炎天下のもと火山灰が交ざりあった状態で駐車すること。
※1円硬貨大に近いほどリスクが高まります。

雨で灰がある程度落ちてしまえば8割型安心!

豆知識2:火山灰を除去目的で水道水や井戸水のかけっぱなしは最悪

豆知識3:手軽に出来る予防方法

豆知識2と3は次回に続きます。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
今すぐ電話でお問い合わせを!