日本コーティング協会関連

ご予約・お問合せは0995-70-1235 » タップで電話

営業時間:9~19時 (日曜は17時まで)、定休日:水曜日(4月1日より) 〒899-5431 鹿児島県姶良市西餅田924-14

車磨きカーコーティングは有資格者へ。

鹿児島のコーティング技能研磨士

『カービューティートラスト』ホームページへお越しくださり、ありがとうございます。当店は、日本コーティング協会認定鹿児島1号店です。

第三機関の査定をうけ、世界基準の理論に基づき、高い技術を提供いたします。

大切なお車は、有資格者へお任せください。
資格をもった技能研磨士が、施工いたします。

まずは、ご報告です。
先月行われました(社)日本コーティング協会主催の
3級(筆記試験)
2級(実技試験)
にスタッフ2名ともに合格いたしました。

日本コーティング協会認定
有資格者ともに、鹿児島では、現在当店のみです!

コーティング技能研磨士 認定証

そもそも、それが、わたしたちに何か影響するのか。

もちろんです。

♪これからコーティングしてもらおうかなとおもっているけど、どこも同じでしょ?
♪気にはなってるけど、どうせ高いんでしょう?
♪高いコーティングが、1番いいんでしょ?

♪誰が施工しても同じなんじゃないの?

など、コーティングにおいて、間違った解釈を受けておられる方が、非常に多いです。

わたくし自身、カービューティートラストの広報をするまでは、全く車には興味がありませんでした。

「どうせ汚れるし。洗うのは面倒くさい。洗車機で、洗えば同じじゃないの?コーティング剤入ってるってかいてあるし」と。

しかし、それは大きな間違いでした。

洗車機で、傷が入ることすら知りませんでしたし、
濡れたまま自然乾燥すれば、どんなことになるかも知りませんでした。
そして、コーティングの意味すら、全く無知だったのです。

コーティングとは

1.車にコーティング剤を塗るだけではありません。

コーティング剤を塗りこむ作業までには、
不要な汚れを取り除いたあと、洗車、鉄粉
異物除去をへて、、、、etc
やっと研磨作業。終わると洗ってコーティングを塗る前の下地処理を作ります。
それから、やっとコーティングを塗ることができるのです。

2.最終的な車のツヤ、輝きは研磨技術の賜物。
コーティングにたどりつくまでの作業を1つでも間違えてしまえば、最高の1台にはなりません。
コーティングのツヤはコーティング剤だけではないのです。

3.つまりコーティングとは。
コーティングに至るまでのすべての過程を指します。
いいコーティング剤を使ったから、ツヤも輝きも耐久性も持続するというのは間違いです。

私たちは、厳しい査定をうけ日本コーティング協会に認定されました。
そして、試験にもクリアいたしまして、6月に行われる1級のさらに厳しい実技試験へと駒をすすめます。

日本コーティング協会は、
今のあいまいなコーティング事業を
基準を作ることで、お客様へ明確化しようとしております。

横のつながりを大切にするため、技術、商品情報も惜しみなく教えていただけます。

それが、自分たちの力となり、さらにスキルアップとなり、お客様へお返しできるというわけです。

はっきりした基準、技術があるからこそ、

私たちにお任せ下さい!
と言えます。

この業界は、独学、自己流の世界です。

それに満足しているのは、自分だけで、

お客様へはなんのメリットもありません。

だって、自己満足、自己流は自分だけのステータスだから。

そこから進歩することは、
もし、仮にあったとしても、数十年後になるかもしれません。

その数十年間を無駄にしますか?

今、すべてを脱却して、
基準や理論を知れば、
数十年も早く、お客様にすばらしい1台を提供できると思いませんか?

私たちは、脱却を選びました。
もちろん!磨き台数も、どこにも負けない自信がありました。自分たちが、1番だと思っていました。

しかし、それは自分が勝手に決めた想いだけなのです。

1日でも早く、
最新の技術を手に入れ、
最高の機材を手にして、
お客様へご提供する。

つまりは、
お客様への還元
になるのです。

日本コーティング協会に認定されたことも、
有資格者になったことも、
自分たちのためでもありますが、
最終的にはお客様へ。

お客様の笑顔に出会いたいからです。

今はまだ
スタートラインにたったばかりです。

これから、もっともっと技術を磨いて、
鹿児島では、カービューティートラストといわれるように、精進していきます。

鹿児島 コーティング技能研磨士

image

同じ思いをされている同業者様。

鹿児島を一緒に盛り上げませんか?

きになる方はこちらをクリック!

下関会場 コーティング技能検定

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


COMMENT ON FACEBOOK

Return Top